筋肉痛の回復を早める為の私のの工夫

何かをした時やその後に誰しも経験する事の1つとして

筋肉痛と言うものが有ります。

 

何か運動したり家の片付けをしたり

重い物を持ったりなど色々な原因が有るかと思います。

 

また普段からの運動不足なども重なって

急な動作や今まであまり動かす事のなかった筋肉を

使ってしまった為に起こる筋肉痛。

 

予防方法としては日頃の適度な運動をして

身体の筋肉や関節などを動かしておいてある程度鍛えておく事も重要です。

 

でも、そうは言っても

なかなか日頃から日常的に運動を心がけて

実践している人はいないのではないでしょうか?

 

仕事や家事の忙しさや面倒臭さにかまけて

運動なんてしない人が殆どでしょう。

 

何とか簡単に突然の運動や作業をした時に起きるであろう

筋肉痛から回避したい、

あるいは筋肉痛になっても回復を出来るだけ早めたい。

 

その為に私が日頃から心掛けて実践している方法を教えてあげますね。

 

簡単に言うと筋肉や関節部分を

事前事後に柔らかくしておいてあげる事なんです。

 

もうお分かりだと思いますが

ストレッチや柔軟体操をする習慣を持つ事コレにつきます。

 

家事やお仕事や何かの運動なんかをする前に

これだけは実施して置く事。

 

そしてそれらが終わった後には必ずこれだけは実施して置く事。

 

ズバリそれはストレッチと柔軟体操なんです。

 

私は毎日の柔軟体操を簡単にお風呂上がりに実践しています。

 

コレは常に体を柔らかく保って置く為の行為です。

 

柔軟体操をして体をほぐして柔らかくして

置く事で血液の循環が良くなります。

 

この血液の循環が身体の故障している部分や

何らかの異常な部分を直してくれる血液の働きを促す役目になります。

 

結果、筋肉痛が起こっても直そうとする力、

回復力が上がるので筋肉痛の度合いが軽く済んだり

回復するのが早かったりする訳です。

 

お風呂上がりの柔軟体操ですがもちろん

体が柔らかい時であるお風呂上がりが一番効果があるのですが、

 

何かの作業や家事などで筋肉を使う時には

ストレッチが柔軟体操似た様な効果を生んでくれます。

 

ストレッチの中には軽い関節運動も含んでいますので

筋肉を動かす前や必要以上に酷使する様な時には

ほんの5分程度でもいいので実施して置く事が大切。

 

このほんの5分程の事前のストレッチが後々の筋肉痛、

関節痛などの症状を守ってくれたり緩和してくれたり

回復を早めてくれる事でしょう。

 

さらには、事後のストレッチも実践して見る事で

効果はより一層高まります。

 

これは酷使した筋肉の強張りをほぐしてあげる事で

血液の循環を良くするので、

回復が早まる効果が期待できます。

 

事前事後のストレッチと日頃の柔軟体操を皆さんも実践してみてはどうでしょうか。