健康に様々な効果がある「レジスタントプロテイン」とは?

美容や健康に良い成分というのは色々とありますが、

近年発見されたものでダイエットに効果がある!

と話題な成分で「レジスタントプロテイン」というものがあります。

 

 

レジスタントプロテインとはタンパク質の一種なのですが、

大きな特徴としては「体の中で消化されにくい」という

食物繊維に似た特徴を持っていことが挙げられます。

 

食物繊維は消化酵素で消化されず体に吸収されないために、

昔は「食べ物のカス」として栄養もなく

役に立たないものだとされてきました。

 

しかし様々な研究により、現在は腸内の悪玉菌による

有害物質の発生を抑えるなどして便秘の解消に役立つことがわかっています。

 

 

そして、レジスタントプロテインにも、

腸内で余分な脂質をやコレステロールを吸収して

体の外に排出させる働きがあることがわかっています。

 

その結果、コレステロール値や中性脂肪を

低下させることにより動脈硬化を防ぐ、

血糖値を下げることで肥満を防止するなどの効果が期待できるのです。

 

腸内で油を吸収することで便が油を含んですべりやすくなるため、

便秘改善効果もありますよ。

 

 

そんな様々な健康効果のある

レジスタントプロテインが含まれる食品としてまず挙げられるのは、

大豆製品です。

 

.
豆腐や納豆などの大豆製品は健康食品としても人気が高いですし、

女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た作用があることから、

更年期障害にも効果があるとされています。

 

そして大豆製品の中でも特に

レジスタントプロテインが豊富に含まれているのは実は「凍り豆腐」。

 

普段あまり馴染みのない食品ですが、

煮物だけでなく肉巻きやソテーなど色々な調理法がありますので、

是非食卓に取り入れて欲しい食材です。

 

 

また、その他にレジスタントプロテインが含まれている食品には

酒粕があります。

 

酒粕は日本酒を作る際にもろみを絞った後に残るもの。

 

「かす」という名前ですが、

実はとても栄養豊富だということがわかっています。

 

タンパク質やビタミンB、葉酸、各種ミネラルなどなど。

 

また、食物繊維も豊富ですので、

レジスタントプロテインとの相乗効果でさらに便秘改善が見込めます.

 

眼精疲労、視力低下などに効果的なツボ「晴明」

デスクワークやスマートフォンの使いすぎで、

目を酷使している人も多いと思います。

 

 

そうした場合には、パソコンやスマートフォンから一旦離れて目を閉じたり、

目薬を挿したりするのが一般的です。

 

ところが、即効性があり、視力回復にも効果のある対策法があります。

 

ツボ刺激です。

 

 

眼精疲労、ドライアイ、視力回復に効果的なツボがいくつかあります。

 

 

しかも、分かりやすい箇所に集中して、存在しています。

 

 

それは、目の周りです。目のフチから数ミリ程度離れた部分に、

目に効くツボが密集しています。

 

 

目の上下左右を指で押してみます。

 

 

すると、痛みを感じる箇所があると思います。

 

 

そこが眼精疲労などに有効なツボです。

 

 

目に効くツボは、目の周囲にあるだけではありません。

 

 

しかし、大半は目の近くにあるので、

 

簡単に探し当てることができます。ツボ押しに詳しくない人でも、

実践が容易なので、大変おすすめです。

 

 

なかでも、眼精疲労、ドライアイ、

疲れ目、目のかすみ、視力低下などに効果的なツボがあります。

 

 

晴明(せいめい)と呼ばれています。

 

 

目に一番効果のあるツボとして、有名なツボです。

 

このツボも目のすぐ側にあります。

 

目の鼻側の付け根を押してみてください。

 

 

コリコリとした少し硬く感じるところです。

 

漫画やドラマなどでも、メガネを掛けている人が人差し指と親指で、

つまむシーンを見たことがあると思います。

 

 

あそこが晴明です。押し方は簡単です。

 

 

強すぎない程度で、親指や人差し指で指圧します。

 

 

なんとなく気持ちよさを感じるくらいの力加減で十分です。

 

 

晴明を押すと涙がでてきて、目が潤ってくるのが分かると思います。

 

 

そのほかのツボと比べて、即効性が高いのが特徴です。

 

 

また、涙の出がよくなるので、花粉症対策にもおすすめです。

 

涙がでると、目のなかにある花粉が、

目の外に出るのを促してくれるからです。

あずきのパワー恐るべし!?知られざる意外な健康効果

ようかんのおいしい季節になりましたね。

 

ケーキなどよりもカロリーがかなり低めですし、

あずきが使われているから食物繊維もたっぷり。

 

ダイエット中でも、ついついたくさん食べてしまいます。

 

また、お祝いごとで食べるお赤飯も、

あずきの風味がいきていておいしいですよね。

 

ふだんもお赤飯を食べるという方も多いみたいです。

 

レンジでチンするだけの便利な商品もありますよね。

 

そんな色々な食べ物に豊富に使われているあずきですが、

女性の悩みの強い味方だってことをご存知でしたか?

 

実は、ガンコな脚のむくみで困っている方に、

あずきはぴったりの食材なのです。

 

あずきがむくみ改善につながるなんて、

全然知らないで食べていた方も多いのではないでしょうか。

あずきの成分の中に、「サポニン」というものがあります。

この成分に、とにかくさまざまな効能があるのです!

 

まずは利尿作用。

利尿作用のあるものを食べたり飲んだりすると、

すぐにトイレに行きたくなるので分かると思います。

 

これが体内に溜まってしまった余分な水分を排出する助けになるんですね。

 

さらに、ドロドロ血液は病気の原因になりますが、

これをサラサラにしてくれる働きもあります。

 

その上、肝臓機能の改善までサポニンはしてくれるのです。

 

かなりすごい効果のある成分ですね。

むくみで悩んでいる方は、あずきを食卓に取り入れてみましょう。

 

むくみは血流の悪化や冷え性にもつながり、

セルライトの生成を引き起こす場合も多いのです。

 

美脚を目指すなら、サポニンの利尿作用でむくみを予防することが大切です。

 

ちなみに…あずきの煮汁は捨ててしまう方も多いと思いますが、

ここにサポニンが多く含まれているので注意してくださいね。

 

あずき茶というものもあるので、うまく利用してみてください。

ブロッコリーの豆知識

 

緑黄色野菜の代表でもあるブロッコリーについて、

皆さんは、どれくらいご存じでしょうか?

 

この優秀な食材について、主婦目線でご紹介していきたいと思います。

 

ブロッコリーの旬の時期は11月から1月と

寒い時期とされていますが、

最近では、アメリカ産の物もスーパーで良く見かけます。

 

輸入物だけでなく、国内でも栽培の時期を少しずつずらすことで、

一年中、私たちの食卓に上がるように工夫されているようです。

 

ブロッコリーの良さと言えば、何と言っても栄養の豊富さです。

 

中でも注目されているのが、

スルフォラファンという成分です。

 

これは、抗酸化作用に優れていて、

現代病であるガンに対して予防効果があります。

 

恐ろしい事に、癌細胞は毎日私たちの身体の中で作られているそうです。

 

それを修復してくれるのが、

このスルフォラファンなのです。

 

スルフォラファンが体の中に入ると、

酵素の生成が促されて、

身体に有害な活性酸素や有害物質を排除してくれるのです。

 

何と頼もしい栄養素なんでしょう。

 

まさに悪者から救ってくれるヒーローのようですね。

他にも動脈硬化を防ぐビタミンCも豊富です。

 

 

ビタミンCが多いという事は、

女性にとって気になる美肌効果も期待できますね。

 

ついでに言えば、ポリフェノールの含有量も多いので、

アンチエイジング対策には持って来いです。

 

ブロッコリーの調理法としては、

「茹でる」「蒸す」「焼く」が考えられますが、

大事な栄養素を逃さない方法は、

電子レンジを使って「蒸す」方法です。

 

私がいつも行っている調理法をご紹介しますと、

①小房に分けたブロッコリーを薄めの塩水に浸して汚れをとります。

②平たい皿に並べてラップをかけ、

600Wで2分半から3分ほど加熱します。

(加熱時間は量によって変わるので、調整しながら試してみてください。)
③ラップをかけたまま2分間放置します。
④2分経ったらラップをはずして、粗熱をとります。

 

こうして加熱調理したものを、

メイン料理の付け合わせにしたり、サラダにしたりして、

出来るだけ毎日食べることで、栄養満点の食事を心がけています。

 

もちろん、タンパク質や炭水化物も健康維持には大切なものなので、

バランスを重視して献立を決めていきたいものですね。