トイレトレーニングをスムーズに進めるコツとは?

子供が2~3歳の頃に取り組むトイレトレーニングですが、

多くのお母さんがうまく進まないことに悩み、ストレスを溜めています。

 

私自身も2人の子供を育てましたが、

当時は1日中トイレトレーニングのことばかり考えていて、

ちょっとどうかしていたかも…と思うくらいですね。

 

 

でも、それくらいトイレトレーニングとは

思ったように進んでくれないものなんです。

 

ここでは、そんな大変なトイレトレーニングを少しでも

スムーズに進めるちょっとしたコツをご紹介します。

 

 

まず最初に、「オムツを外す」という考えを捨てたほうが良いです。

 

そもそも子供の膀胱の発達というのは本当に個人差が大きいもの。

 

「2歳になったからトイレでできるはず」という考えを持っていると、

とんでもないストレスを抱えることになってしまいます。

 

例えば「洗濯物が乾きやすい夏に始めよう」というのは

親の都合でしかないわけです。

 

「本当にその子にとってオムツが外れる時期なのか?」というのを

親がしっかりと見極めるのが一番大事です。

 

ですから、もしトイレトレーニングを始めてみて

全く進まないようであれば、

 

「今じゃないな」と判断してオムツに戻すのがベストです。

 

ただし、その間もしっかり親が

 

「トイレでできたら気持ちいいな」

 

という姿を見せてあげることが大事です。

 

 

そうすることで、

子供の体の準備が整ったらスムーズに成功するようになりますよ。

 

 

そしてこれが最も大事なのですが、

「トイレトレーニングでは決して怒らない」ということ。

 

産後の尿漏れなどの経験がある人であればわかると思いますが、

漏らしてしまうのは本人の意思ではないんですよね。

 

あくまで体の機能が整っていない、未熟だというだけ。

 

ですからそれを怒っても子供本人はどうしようもないのです。

 

親はストレスがたまり、

 

子供もトイレトレーニング=嫌なもの、

 

 

というイメージがつくという悪循環に陥るだけです。

 

その代わり、成功したら思いっきり褒めてあげて下さい。

 

とにかくトイレトレーニングで親が怒ったり

イライラしたりする姿を見せると

間違いなく逆効果だということだけは頭に入れておいたほうが

良いかと思います。

 

 

 

ちなみに私の2人の子供は、

オムツを早く外そうとやっきになって

イライラしながらトイレトレーニングをした1人目は

なかなかオムツが外れず、ゆるめに行った2人目は

スムーズにパンツになりました。

 

 

1人目の子も私がイライラしていなければ

もっとスムーズに進んだだろうな…と今では反省しきりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です