クレンジングと洗顔のその前に!爪と手をキレイしないと意味がない!

洗顔って、洗顔する前から気をつけなくちゃいけないのをご存知ですか?

 

今はオイルタイプなのにお風呂で使えるタイプのクレンジングもあるくらい、

便利で時間の短縮に最適なアイテムが多くありますよね。

 

そして洗顔は肌をきれいにするためのものですが、

その両者とも肌をキレイにする基本は洗う前にあったんです。

 

 

クレンジングは手が濡れていてもバツ!

 

お風呂で使えるような、濡れた手OKのタイプのクレンジングもありますが、

基本は肌を濡らさない状態で、

清潔に洗った濡れていない手で行います。

 

クレンジング前に手に水分が残っていると、

クレンジング成分が肌のメイク成分と

なじむ前に乳化して洗浄力が落ちてしまうからです。

 

バスタイムでのクレンジングも湿度が高くなることによって

メイクが落ちにくくなることがあるんです。

 

ですが、ちょっと待ってください!

 

爪と手はキレイに洗ってありますか?

 

爪と手が汚れていることで、

クレンジング成分はその汚れを落とすことに使われてしまいます。

 

ですから、爪はできれば爪専用のブラシがあれば尚いいですが、

無くても手洗いの際に手のひらに軽く

「熊手」のように爪を立て手洗います。

 

 

でないとせっかくいい製品を使っても

その効果が半減してしまったらもったいないですよね。

 

 

*洗顔力アップのためには

洗浄力アップのためには、洗顔の時も同様に爪と手を洗います。

 

すでにクレンジンのグ後で、清潔な状態ならば問題ありません。

 

爪と手の汚れに、洗顔料の界面活性剤の成分が先に反応してしまい、

その汚れを落とすことに使われてしまいます。

 

 

*まとめ

 

せっかくいい化粧品を使っているのに、

基本中の基本の汚れがもとで効果が発揮されないのは残念です。

 

いつもきれいと思っている爪も手もケアすることは大事ですが、

長い爪には思った以上に雑菌が多いもの。

 

クレンジングも洗顔もぬるま湯で洗い流すのと同様に、

先に洗う爪と手はぬるま湯を使う方が汚れがきれいに落ちるので、

より高い効果を目指すならケアの前からの心がけも習慣にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です